作物別の効果と使い方

【表】
ほうれん草
【裏】
ほうれん草
※その他の作物のページへは、「作物別の効果と使い方 メニュー」のページからご覧ください。


施肥効果
  • 生育が良くなり、収量が増えます。
  • 糖度、ビタミンCの含有量が増え食品の機能性が向上します。
  • 硝酸態窒素の含有率が低下します。
  • 収穫後の水分の減少が抑えられ、日持ちがよくなります。
施肥方法
  • 長効きするので2~3作分合わせて施用できます。
  • は種前に施用し、土に良く混和して下さい。
    うねに沿って施用すればさらに利用効率が高まります。
  • 土壌診断結果にあわせて増減して下さい。
施肥量 【2~3作分として】 40~60kg/10a(2~3袋)