作物別の効果と使い方

【表】
しょうが
【裏】
しょうが
※その他の作物のページへは、「作物別の効果と使い方 メニュー」のページからご覧ください。


施肥効果
  • 塊茎が肥大し、収量が増加します。
  • しょうがが、多く吸収するとされるケイ酸が生育後期まで持続的に補給できます。
  • 根が活性化し丈夫に育つため、病害に対する抵抗性を高めます。
施肥方法
  • 植付け前の基肥、もしくは早い時期の追肥が有効です。
  • 土に良く混和して下さい。うねに沿って施用すれば、更に利用効率が高まります。
  • 土壌診断結果にあわせて増減して下さい。
施肥量 40~80kg/10a(2~4袋)