作物別の効果と使い方

【表】
いちご
【裏】
いちご
※その他の作物のページへは、「作物別の効果と使い方 メニュー」のページからご覧ください。


施肥効果
本 圃
  • 根の生育が良くなり、丈夫で健全な生育を促します。
  • 収量(特に収穫初期)のアップが期待できます。
  • 糖度が高まり、品質食味が向上します。
  • 果皮が強くなり、痛みにくくなります。
  • 日持ちが良くなります(しなびにくくなります)。
育 苗
  • 根の張りが良く、丈夫に育ちます。
  • 花芽分化が促進されます。
施肥方法
本 圃
  • 定植前の基肥、もしくは早い時期の追肥が有効です。
  • 土に良く混和して下さい。うねに沿って施用すれば、更に利用効率が高
    まります。
  • 土壌診断結果にあわせて増減して下さい。
育 苗 鉢上げ前に培土によく混和して下さい。
施肥量
本 圃 40~80kg/10a(2~4袋)
育 苗 5g/株(ポット)